img20200706083005578420.jpg img20200630103228425673.jpg img20200528113709481140.jpg img20200430154038185205.jpg

SAKATAYA1793

令和元年5月1日開店

日頃より、SAKATAYA1793を御愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
新型コロナウイルスの影響を受けられている皆様方に心からお見舞い申し上げます。
ご自宅でお菓子と向き合うひととき、お菓子を通して季節のうつろいを感じていただき、少しでも心穏やかな時間をお過ごしいただけますよう願っております。

水無月

 水無月、無病息災と暑気払いの思いを込めて――。
 初夏の六月を締めくくるのは、平安時代の記録にも残る「夏越の祓」。村上地方では「なつこしのはらえ」と呼ばれていますが、地方によっては「なごし」あるいは「みなづきのはらえ」と呼ばれているそうです。
 厚さが厳しく、病もはやりやすいこの時期、さらにちょうど一年の折り返し点でもある六月の晦日に、過ぎた半年間の無事を感謝して残り半年の息災を願う行事が名越の祓です。
 また、古代より伝えられる禁裏の行事、六月朔日(毎月の第一日)の「氷の節句」ともいわれる「氷室の節会」。冬から奥深い山かげで貯蔵してきた氷を臣下に与え、夏の暑気払いと無病息災を祈念したといわれていますが、この二つの行事が結びついたのが「水無月」の習俗です。
 祓の風習は地方によってさまざまですが、海に入って身体を清めたり、形代を川に流したり、茅やワラを編んで輪をくぐり抜けたりして、各神社では疫病除けの神事が催されます。
 昔、庶民は夏に氷を口にすることはできませんでしたが、この習俗にあやかりたいという思いが、氷を模したお菓子を作り出したのです。
 「水無月」は外郎(米粉・餅粉・小麦粉・砂糖を混ぜて蒸し上げたもの)で作るのが普通ですが、白い三角形は宮中に献上されていた「氷」を表し、上に散らした赤小豆には節分の豆まきのように、「赤」と「小豆」に邪気払いの意味が込められています。
 また、小豆はビタミンB1などの栄養素を多く含んでいます。暑い夏を乗り切るためにはビタミンが必要で、その意味でも理にかなっているお菓子といえるのではないでしょうか。
 これから本格的な夏が到来します。ことしの夏も暑くなるのでしょうか? ぜひ、みなさんのご家庭でもご家族の健康に感謝しながら、小豆を使ったお菓子を召し上がってみてはいかがでしょうか。

SAKATAYA1793
   

 【2020年7月の定休日】
1日(水)、2日(木)、7日(火)、14日(火)、24日(金)、28日)(火)、29日(水)、30日(木)
7月の営業時間:13時から17時
※商品が無くなり次第、閉店致します



季節の和菓子

(7月)

幻日環

幻日環

 

菓銘:幻日環
1個:450円

 

詳細はこちら

栗花落

栗花落

 

菓銘:栗花落
1個:450円

 

詳細はこちら

あん焼~煎茶ショコラ・クランベリー添え~

あん焼~煎茶ショコラ・クランベリー添え~

 

菓銘:あん焼
1個:300円

 

詳細はこちら

あん焼

あん焼

 

菓銘:あん焼
1個:250円

 

詳細はこちら

 



INSTAGRAM

ACCESS

 

SAKATAYA 1793
東京都世田谷区豪徳寺1-43-7
※小田急線豪徳寺駅徒歩1分
※世田谷線山下駅徒歩1分