SAKATAYA1793

令和元年5月1日開店

人日の節供

 
  節供(節句)には「節日(せちにち)の供御(くご)」という意味があります。「節日」とは二十四節気の変わり目に行う祝いの日を言い、「供御」とは神様に供える食物をいうそうです。また、その日神様に供える供御のことを特に節供(せちく)と言い、この「せちく」が転じて「せっく」となったと言われています。
  奈良時代に定められた「節日」は、正月一日(元旦)・七日(白馬)・十六日(踏歌)・三月三日(上巳)・五月五日(端午)・七月七日(七夕)・十一月(大嘗(おおんべ))としています。
  平安時代には、「元旦」・「白馬」・「踏歌」・「端午」・「豊明」(とよのあかり)」(新嘗会の翌日)の御節会が定められました。
  宮中ではこの日酒宴が催され、「節会(せちえ)」と呼んでいました。(九月九日(重陽)が抜けているのは、天武天皇の忌日にあたるからだそうです。)
  この古代から中世にかけての節供・節会をもとに、江戸幕府によって新たに「五節供」が定められました。
  それが正月七日(人日)・三月三日(上巳)・五月五日(端午)・七月七日(七夕)・九月九日(重陽)の五節供です。
  人日とは、文字通り「人の日」の意味で、中国では前漢の時代、東方朔が記した占いの書には正月一日に鶏を占い、日を追って順に狗・羊・猪・牛・馬、そして七日には人を八日には殻を占ってその日が晴天ならば吉、雨天ならば凶の兆しであるとされていました。そのため七日の人の日には、邪気を袚う為に七種の若菜を摘み、羹(あつもの)にして一年の無事を祈ったといわれています。
  日本では宮中から民間に伝わり、室町時代頃からはお粥に変わったようです。

SAKATAYA1793
 

 【2020年1月営業日】
元旦(水)・2日(木)・3日(金)・11日(土)・12日(日)・13日(月)・18日(土)・19日(日)・20日(月)・24日(金)・25日(土)・26日(日)・31日(金)
【1月の営業時間】
元旦:24時から15時(※商品がなくなり次第終了致します。)
2日:10時から17時
3日:10時から19時
以降:13時から20時

 

【2020年2月の営業日】
1日(土)・2日(日)・7日(金)・8日(土)・9日(日)・14日(金)・15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・24日(月)・28日(金)・29日(土)
【2月営業時間】
13時から20時

 

【2020年3月の営業日】
1日(日)・6日(金)・7日(土)・8日(日)・13日(金)・14日(土)・15日(日)・21日(土)・22日(日)・23日(月)・27日(金)・28日(土)・29日(日)
【3月営業時間】
13時から20時



季節の和菓子

都乃春

都乃春

 

商品名:都乃春
1個:450円

 

詳細はこちら

常盤饅頭

常盤饅頭

 

商品名:常盤饅頭
1個:450円

 

詳細はこちら

花びら餅

花びら餅

 

商品名:花びら餅
1個:500円

 

詳細はこちら

あん焼

あん焼

 

商品名:あん焼
1個:250円

 

詳細はこちら

苺わらび

苺わらび

 

商品名:苺わらび
1個:400円

 

詳細はこちら



INSTAGRAM

ACCESS

 

SAKATAYA 1793
東京都世田谷区豪徳寺1-43-7
※小田急線豪徳寺駅徒歩1分
※世田谷線山下駅徒歩1分